睡眠の杜

子どもの夏バテ?

このページは親子で読んでみてはいかがでしょうか?ちょっと難しいお話かもしれませんが、大人も子どもも自分の体を守らねばなりません。難しい漢字には振り仮名をふっていますが、子どもがわからないときは優しく教えてあげてくださいね。

子どもの夏バテ

近年(きんねん)では子どもの夏バテが目立っています。昔には無かった・・・いえ、昔は今ほどさわがれるほど深刻(しんこく)な状況ではなかったのでしょう。

今日(こんにち)の皆さんの周りには大人が作ったオモチャやゲームがあふれ、昔に比べて外で遊ぶことも少なくなりました。そして冬は暖房、夏は冷房という快適な環境で育っています。その結果、子ども達の体力低下、体を守る力の低下が問題となっています。そんな現代の子ども達が夏に外で遊び過ぎると、夏バテや熱中症(ねっちゅうしょう)にかかる危険性があります。

子どもの体

子どもは大人よりも新陳代謝(しんちんたいしゃ)が活発であり、汗もかきやすいですよね。汗をかくと言えば、みなさんの体のあちこちにある汗をだすところ、汗腺(かんせん)ですが、本来子どもと大人の汗腺の数は同じです。しかし近年の子どもにはその汗腺の数が少なくなってきているというデータがあります。これはエアコン、クーラー類の普及(ふきゅう)のためとされています。汗腺は3〜4歳ごろに発達するのですが、この時期に汗をかかないような環境にいると汗腺が十分に発達できません。かといってこの時期にしっかりと汗をかいていたから今は大丈夫ということでもありません。

大人の皆さん、夏の暑い日に涼しい部屋で快適に過ごしていませんか?冷房のきいている室内などにいると汗をかきづらく、使われなくなってしまった汗腺は退化してしまい、数が減ってしまうのです。汗腺が少なくなってしまうと汗が出づらくなり、体温調整が難しくなってしまいます。そこに夏の暑くてジメジメしていたり、強い太陽の光などが加わり、熱中症となってしまうのです。

また、汗をかきづらいために暑い夜はなかなか眠れずにゴロゴロ、そして寝不足となってしまい、体調を崩したり夏バテになってしまうのです。

子どもの夏バテ、熱中症を防ぐ

まずは睡眠
休みの日は家族で一緒に外へ遊びに行きましょう。いい汗をかき、適度なつかれのおかげでスムーズに睡眠に入ることができるでしょう。子どもが嫌がってしまっても、やはり子どもなので外で遊ぶのは楽しいはず。きっとすぐに元気にはしゃぐことでしょう。親子のスキンシップにもなりますしね!
そして食生活
食欲が落ちやすい季節である夏。食欲が落ちてしまったら、サッパリした料理や食欲をそそる香辛料などでカバーすること。栄養はタンパク質、ビタミン、カルシウムや、そしてミネラルの摂取を心がけてください。もしミネラルが食事でとりづらい場合にはサプリメント等で対応しましょう。
日中の水分補給
日中外で遊んでいる最中、遊び終わった後はしっかりと水分補給してください。子どもはノドが乾いても遊ぶことに夢中になってしまいますので、そこはお父さんお母さんが気をつけてあげてくださいね。体の中の水分やミネラル、塩分が汗によって体の外へ排出(はいしゅつ)されていますので、水分と併せて補給が必要です。水分としてはスポーツドリンクを薄めて飲むのもオススメです。これは夏バテ、熱中症を防ぐ上でとても有効です。ただし、スポーツドリンクには砂糖がたくさん入っていますので、薄めずに大量に飲んでしまうと食欲がなくなってしまったりなどの夏バテの原因になってしまいますので気をつけてあげてください。
外で遊ぶとき
これは子どもも大人も気をつけねばなりません。日焼け対策や熱中症防止に、長時間陽に当たらないように気をつけましょう。子どもには帽子をかぶらせて上げるといいですね。しばらく遊んだら木陰で休むなど、自分の体、子どもの体を気遣ってあげてください。

子どものみなさんへ

外であそぶとき

家のなかにいるとき

保護者の方々へ

補足として、子どもは大人に比べて「あせも」がでやすいので、子どもが汗をかいたらしっかりとふき取り、着替えさせてあげてください。あせもは非常に痒く、睡眠不足のきっかけとなってしまうかもしれません。

(C) 2007 睡眠の杜.