睡眠の杜

夏の不眠を解消?

皆さんは毎年の夏、快眠できていますか?私は非常に暑がりなので毎年睡眠不足です。湿度も高い、温度も高い。これでどう寝ろと言うのでしょうか。脱夏不眠を目指し、季節に合った快適な睡眠を手に入れましょう!これで睡眠不足から来る夏バテも撃退です!

夏に不眠が続く人へ

当サイトでは詳しくは触れていませんが、サプリメントによる栄養補給という方法もあります。どのようなサプリメントを摂取すれば良いのかを紹介しましょう。

ビタミンB
ビタミンBは主に体の調子を整える、健康や美容に役立つ栄養分です。イライラや不安などを落ち着かせる作用を持ち、特にビタミンB6、ビタミンB12が不眠に効果があるとされています。また、ビタミンB群はマグネシウムと同時摂取により効果が促進されます。
カルシウム
誰でも知っているカルシウム。骨や歯などを丈夫にし、体の調子を整えます。精神を落ち着かせてくれる作用ももっていますし、カルシウム自体牛乳などの乳製品で比較的簡単に摂取できます。牛乳でカルシウムを摂取した場合、牛乳に含まれるトリプトファンという物質から睡眠を促すメラトニンが作られますので一石二鳥です。これもマグネシウムと同時摂取により体への吸収率が高まります。
マグネシウム
ミネラルの一種であるマグネシウム。マグネシウムは精神を落ち着かせ、骨などを丈夫にします。他の栄養分との相性もよく、ビタミンやカルシウムの効果を高めます。
メラトニン
国によって医薬品扱いになったりならなかったり。日本では輸入販売は許可されていないサプリメントですが、通販(自己責任による個人輸入)などで手に入ります。すでにメラトニンは日本国内でも多くの不眠に悩む方々によって利用されています。メラトニンは脳の松果体から分泌され、体をごく自然に眠りに誘う分泌物です。加齢と共にメラトニンの分泌量は衰えていきますので、サプリメントによる補給が好ましいでしょう。また、メラトニンには体の免疫力を高めるなどの人体に有効な効能を多数持っており、マウスによる実験では寿命を延ばすという効果も確認されました。メラトニンにはほとんど毒性がなく、現在は非常に注目されています。但し、副作用として代表的なものが悪夢を見るということです。眠れないことに比べれば、悪夢を見ながら寝ていたほうがいいのではないかと思うのは私だけでしょうか。難しいところです。
ギャバ(GABA)
最近話題のギャバですが、よくチョコレート菓子などで見かけるでしょう。ギャバには精神安定やリラックス効果があり、不眠以外にも様々な体の異常に効くとされています。但し、いくらギャバが含まれているからといって就寝前にカフェインを含むチョコレート類はオススメできません。

アロマとお風呂でリラックス

アロマには深い歴史があり、数千年前から人類と密接に関わってきました。ここでは不眠に効果があるとされているアロマの種類と効果を紹介しています。ゆっくりと浸かることで心身ともにリラックスできるお風呂効果についても紹介します。お風呂の入り方でも効果が変わってきますので要チェックです!お風呂でのアロマは、非常に心地よく日中の喧騒を忘れさせてくれます。

詳しく! >> アロマとお風呂でリラックス

寝室の環境改善で不眠解消!

文字通り寝室の環境を改善することで不眠を解消する方法です。夏の不眠の原因を知り、それを如何に快適な空間にするか。併せてエアコンやクーラー、扇風機などの正しい使い方を学び、快眠と健康を同時に手に入れてしまいましょう。暑さ故に眠れずエアコンをつけ、朝起きたら風邪をひいていたなんてことが起こらないように。

詳しく! >> 寝室の環境改善で不眠解消!

睡眠と飲み物

就寝前の飲み物によっては入眠しづらくさせるもの、睡眠中に目を覚ましてしまうかもしれないもあります。それらを避け、よく眠るためには何を飲めばいい?飲み方ってあるの?そんな睡眠と飲み物の関係について解説しています。これらの知識が頭に入ってるだけで随分変わります。

詳しく! >> 睡眠と飲み物

生活用品で快適な睡眠!

枕も布団もどれも同じでしょ?と言う方に限って自分に合ってないものを使用しています。枕や布団が自分に合わなければ、快眠は遠のくばかり。まずは寝具に興味を持ってみませんか?また、服装についてもアドバイスしています。あなたはパジャマ派ですか?家着派ですか?そして快適に眠れる服装とは?

詳しく! >> 生活用品で快適な睡眠!

(C) 2007 睡眠の杜.