睡眠の杜

睡眠と飲み物

寝る前や眠れないとき、水や清涼飲料水など何を飲みますか?カフェインが多く含まれているコーヒーなどの飲み物は寝つきが悪くなってしまいます。寝る前や眠れないときの飲み物を見直し、快適な睡眠を目指しましょう。

あなたがいつも飲んでいる物は大丈夫?

もしかすると意外なものにあなたの不眠の原因があるかもしれません。摂取量にもよりますが、なるべくなら就寝前の飲み物には気をつけたいものです。

寝る前にはよく一杯の水を飲めと言います。正確には寝る30分前に飲むのが良いそうです。人間は寝ている最中、汗などで体外へ水分を放出しています。寝る前の水を飲まなければ、朝起きた時には水分が不足し、血液がドロドロになってしまいます。また、睡眠中体内の水分が不足し、血液がドロドロになってしまうということは動脈硬化や心筋梗塞の原因にもつながります。難しいことではありませんので、まだやってない人は毎晩寝る前にコップ一杯の水を心がけましょう。やって損はありません!

コーヒー

ご存知の通りコーヒーは目を覚ましたいときによく飲まれます。中にはコーヒー飲んでも眠くなったり、寝る直前に飲んでもまったく問題はないという方もいますが、実害は出ていなくても摂取したカフェインは確かに身体に作用しているのです。やはり何でもないからと言っても、就寝前のコーヒーは避けるべきです。現代では何かと有名なカフェインですが、コーヒーにはそれがたくさん含まれていますよね。そのカフェインとはどのような作用をもたらすのか知っていますか?主な作用を紹介します。

覚醒作用
カフェインは脳での疲労物質の作用を阻害する作用をもっており、それが人体に覚醒作用をもたらします。カフェインの作用は4〜5時間持続しますので、不眠に悩む方は午後、特に就寝前4〜5時間はなるべく避けるように注意しましょう。尚、インスタントコーヒーであればカフェイン含有量はそれほど高くはありませんので、少量なら飲んでもいいのではないかと思います。
利尿作用
更にカフェインには利尿効果もあり、夜中に尿意で目が覚めてしまうこともあります。これでは、「寝付けない」「トイレが近い」の二重苦になってしまいますので、こちらも注意したほうが良いでしょう。
消化促進作用
カフェインには様々な作用がふくまれていますが、胃の消化促進作用もあります。寝る前にコーヒー等でカフェインを摂取してしまうと、消化促進作用により空腹感がでてきます。お腹が減っては睡眠もままなりません。だからと言って空腹感に身を委ねて食べてしまうと、胃が消化活動をはじめ、身体は睡眠に集中できなくなってしまいます。

このように、就寝前にカフェインを摂取することは睡眠にとって様々な障害となり得ます。カフェインを分解するスピードには個人差がありますが、就寝前の摂取を気をつけるに越したことはないでしょう。

清涼飲料水

コーラやその他ジュースのことです。これらは少なからずカフェインを含んでいるものが多く、あまり就寝前の摂取は薦められたものではありません。更にこれら清涼飲料水は砂糖を多量に含んでいるものがほとんどです。実は砂糖にも睡眠を邪魔する作用があるのです。糖分を多く取ると高くなった血糖値を下げるためにインスリンが分泌され、後に血糖値が下がるとアドレナリンが分泌されます。アドレナリンについても有名な話ですが、これは血液の流れを増進したり、心拍の強化などの興奮作用をもっている脳内物質です。当然こんなものが分泌されてしまったら快眠どころではありませんよね。

牛乳(ホットミルク)

眠れないときにホットミルクを飲むという方、多いのではないでしょうか?これは実に理に適っています。牛乳にはご存知の通り、精神を落ち着かせるカルシウムが豊富に含まれていることや、ホットにして飲むことによって胃や腸への負担も少なくなります。空腹感を軽減できることもホットミルクのいいところですね。一つ注意したいのはホットにするのはいいのですが、温めすぎると冷たい飲み物同様に身体には刺激になってしまいますので注意してください。

ハーブティー

ハーブにはカモミールやラベンダー、バレリアンなどの精神を落ち着かせ、リラックスさせてくれる効能をもったものもあります。香りも楽しめ、いい気分でスムーズに入眠できるのではないでしょうか。

しょうが湯(身体を温めてくれる飲み物)

砂糖が含まれているものも多そうですが、多量に摂取しない分には問題ないでしょう。むしろ手や足先などの冷えの方が睡眠の妨げになります。しょうが湯などの身体を温めてくれる作用を持った飲み物は寒い冬の夜などに重宝することでしょう。

カフェイン番外編

栄養ドリンクや二日酔い防止ドリンクなど、このドリンク系にはカフェインが含まれているものがほとんどです。ちなみに二日酔い防止もカフェインの働きの一つだったりもしますが。徹夜覚悟の夜でなければ、就寝4〜5時間前にドリンクを飲むのは辞めておいたほうが無難です。

(C) 2007 睡眠の杜.