睡眠の杜

生活用品で快適な睡眠

その服装は眠りに適していますか?布団や枕はあなたにあったものを使用していますか?体に合わないものは眠れないだけでなくストレスの原因になります。寝具や服装にもこだわってみましょう!

快眠のコツ:服装編

様々な対処法と併せて、服装も睡眠に適したものにしましょう。他の頁でも取り上げていますが、睡眠時には思ったよりも汗をかいているもの。快適に睡眠をとるにはこの汗をうまく吸収させなければいけないのですが、この汗は布団や毛布などに吸収されてしまうと、ダニなどの餌になってしまい不衛生です。ですからなるべく汗を吸い取るシルクや面などの素材を使用した服装であることが重要になります。

パジャマ派?家着派?

皆さんは普段寝るときは何を着ていますか?パジャマと答える方と、普段の家着のままでしょうか?大体パジャマ派と家着派にわかれるのですが、どちらが睡眠に適しているのでしょうか?睡眠中の出来事なのであまり体感はできないかもしれませんが、パジャマというのは汗を吸い取りやすい素材で作られていることが多く、更にゆったりとしているため睡眠中の血行の流れを阻害しづらいのです。そもそも家着で十分だったのなら、今頃パジャマというものは消えていたことでしょう。家着といってもピンきりであり、ジャージであったりスウェットであったり。家着がダメだということではなく、要は素材とリラックスできるか?ということです。家着の場合だと、生地は厚手であり締め付けがきついものもあります。生地が厚手になると睡眠中の汗を吸収したものの発散しづらくなるためオススメできません。

かという私もパジャマは着ない派なのですが、半そでTシャツにゆったりめのハーフパンツです。あまり服装にこだわらず、自分がリラックスできるものが最適なのかもしれません。

女性にいたっては、諸所の事情によりブラジャー等の下着をつけたまま寝る方も多いことでしょう。これも血行を阻害するものであり、できれば避けたいところです。

快眠のコツ:寝具編

現在では様々な快眠グッズなども売られていますが、グッズに頼る前に普段の寝具を見直してみましょう。人によってはこれだけで随分解決できるはずです。

枕の高さはあっていますか?と、どこの宣伝文句でもあるように、枕の高さは非常に重要なのです。人間は進化と共に脳が発達し、頭を支えるために2足歩行を始めました。そう、立っているときが体が頭を支える最も適した姿勢なのです。しかし横になるとそのバランスを失ってしまいます。そのバランスを補正するのが枕の役目なのです。もしここで自分に合っていない枕を使用していたならすぐに枕を変えましょう。

こんな方は枕があっていない可能性が。他の要因もあるかもしれませんが、まずは手軽な枕から解決してみましょう。

ではどのようにして枕を選ぶべきなのでしょうか?一番良いのは専門家がいる店に行き、専門家と一緒にあなたの身体にフィットするものを選ぶとハズレは少なくなります。もしこういった店が周辺になければ、やはり自分で選ぶしかありません。見た目も重要ですが、ここは寝やすい枕に重点をおいて選ぶべきです。(店員に聞いてみてから)実際に横になって枕に頭を乗せてみましょう。高すぎず低すぎず、寝返りも打ちやすそうだしこれなら快眠できるかな?そんな枕を探しましょう。

また、枕の中身も重要なのはご存知ですよね。羽毛やパイプ、そばがらだったり。これはあなたの好みの硬さに合わせて選びましょう。柔らかめの枕でなければ眠れない、またはその反対。睡眠において重要なのは自分がリラックスできること。それを頭に入れておけば自然と自分にあったものを選べるでしょう。そして忘れてはいけないのが中に入れるもののメンテナンス。その材質によって長期間使えなかったり、交換が必要なものもあります。メンテナンスがわからなければ、取扱説明書なり、インターネットで調べましょう。せっかく出会えた枕です。末永くお付き合いしたいものです。

敷布団

布団も枕と基本は同じです。心がけるのはココ!

清潔にすること

服装編でも書きましたが、人は睡眠中意外と汗をかいているものです。布団もその汗を多大に吸収しており、長いこと敷きっぱなしの布団には湿気がたくさん。ただ布団は枕よりもでかく、用意に洗濯できるものではありませんので、一週間、一ヶ月に一回くらいは太陽の光を当てて乾燥させてあげましょう(羽毛布団の場合は直射日光を避けて陰干し)。頻度が低くてもやらないよりはマシです!そしてマットやシーツなどは常に清潔にすることを心がけましょう。

自分に合った柔らかさ

これはそれほど個人差はないとはいえ、実際に試すことが肝心。横になって、硬すぎたり体が沈みこみすぎなければ大丈夫です。商品のクチコミ情報をインターネットなどで探すのも良いかもしれませんね。

余裕を持ったサイズ

人は必ず寝返りをうちます。小さいベッドだった場合落ちてしまう?通常、ベッドは寝返りのスペースも考慮されて設計されていますから、相当寝相が悪くない限り、多少の寝返り程度では落ちることはありません。横は確かに広いかもしれませんが、見落としがちなのが縦のサイズなのです。平均的な身長の場合、市販されているベッドやマットレスで十分なのですが、身長が高い人には高い人用のベッドがちゃんと用意されています。店に展示してないからと諦めずに、思い切って店員に聞いてしまいましょう。

身長がそれほど高くない方でも、枕によってはベッドの長さが足りなくなるかもしれませんし、足りなくなくても伸び伸びしたい!そんなときもロングサイズのベッドをチョイスしてみるのも良いですね!

(C) 2007 睡眠の杜.